国民の創生

ところで、北野武と柄谷行人の両者に当たってみたことがある者ならば、柄谷行人による近代国家(資本=ネーション=ステート)の分析(『世界共和国へ』岩波新書)が、『BROTHER』にそのままあてはまることに気付かないということはまずありえない。『BROTHER』にあるのはまさに3つの「交換様式」の接合にほかならないのだ。ひとつには利子の表明として現れるところの「資本」、さらにそれは「略取=再分配」による「振る舞い」であるという意味で「国家」(=警察)を指示する。最後に、このふたつのものの動因ともいえる任侠世界における「兄弟」関係、すなわち「武」がある。かくして、そこで「利子」は「友愛」の「しるし」(贈与)としてもたらされる。「武」は、結果として集権的な「国家」をもたらすが、同時にそれに抗う「詐欺」あるいは「嘘」としての「アソシエーション」(=交感)を孕んでいる。そして、この「詐欺」あるいは「嘘」こそが、出口なしの三位一体における唯一の可能性(他者の言葉)なのである。「それ」はそこで「くじ引き」という「技術」となって結実する。さらに『Dolls』において、「それ」は「球」の発行(float)である。実際、われわれは「それ」を指して、「世界史的事件」と呼ぶことに、いささかのためらいをも感じない。
 
かくして、そこでイタリアマフィアを「ローマ」(あるいは「清」)、メキシカンマフィアとチャイニーズマフィアを「封建勢力」と考えた場合、それらへの対抗が「ネーション=ステート」をめざすものであることはいよいよ明らかである。すると、山本の「自発」(volunteer)とはすなわち「志士」の「それ」であるということにもなろう。むろん、「山本」というその命名からも明らかなように、北野によってそれは「真珠」(Pearl Harbor)としても想定されているのだ。さらに『BROTHER』が、第57回ヴェネチア国際映画祭でプレミア上映されたのが、ちょうど第2次「インティファーダ」(パレスチナ抵抗運動)という「ヴォランティア volunteer」の運動が始まろうとするころ(2000年9月)であったという事実にも注意が向けられてしかるべきである。それから、ほぼ1年後には、アメリカで「9/11」が引き起こされるというそんな情勢において、『BROTHER』は「世界」に向けてリリースされたのだ。しかるに、そこで下々による「勤皇」とまともに直面させられた浅田彰は、まさに「それ」ゆえに「それ」を「土人の国の出来事」だとして冷笑することしかできなかったのである。いうまでもなく、そこで軽侮とは奴の内なる「畏怖」の変装したものであるにすぎない。奴はそこに示される「指詰め」や「ハラキリ」を「絵空事」であるとして嘲笑ったが、その後、アフガニスタンやイラクさらにパレスチナから伝えられたのは、まさに「自爆」(suicide bombing)だとか「路傍の爆破」(roadside bombing)、「斬首」(beheading)、さらには「麻薬取引」(drug trafficking)や「誘拐」(kidnapping)などといった現実だったのである。したがって、『BROTHER』は「9/11」の前と後を予見していたといっても過言ではない。なんといっても、そこでは「資本=ネーション=ステート」の三位一体が考察されているのである。そもそも、蓮實重彦の「北野武は映画に愛されている」(『映画狂人万事快調』 河出書房新社)とかいうようなくだらん理由で、そんなことが可能であるはずがないのだ。「それ」は「複数体系」から来るのである。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック